良い歯科医院、悪い歯科医院

大型診療所やチェーン展開しているような歯科医院によくある例だが、患者が治療に行くたびにスタッフが変わるような歯科医院は必然的に治療の責任が不明確になる。また受付の態度がいつも不機嫌そうであったり、 スタッフがよく変わるのは教育指導の不備や院長の人柄の問題、経営上の不安なども考えられる。歯科医療は歯科医の腕だけでなく、 スタッフとのチームワークも大切な要素である。
「入れ歯よりもインプラントのほうが何でも噛めるし、入れ歯より断然優れている」などと過剰な期待を患者に抱かせたり、「今の噛み合わせのままでは将来、大変なことになりますよ」、「保険治療では抜歯するしかないが、自費治療であれば抜かずに残せますが」などと、高額な保険外治療に誘導するような歯科医院は避けたい。患者自
身が希望していないのに、最初からインプラント治療を熱心に勧めるような歯科医院は論外と言える。
保険外の高額な費用がかかる治療では、いくつかの選択肢と費用、そして支払い時期と方法を示してくれる歯科医院が望ましい。 あお 不安を煽ったうえで高額治療を勧める歯科医では、治療結果もおそらく期待はずれに終わる。そもそも治療が保険で出来ないことはないので、疑問点は勇気を出して聞いてみることが必要。説明を嫌がるような歯科医であれば、転院を考えたら良い。不安な場合は、治療に入る前に別の歯科医院でのセカンド・オピニオンを受けるようにする。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*