3Dスキャナーによる型取り

歯科医院で治療を受けたさい、歯型を取った経験のあるかたは多いかと思います。型取りをするには、アルジネートやシリコンを材料としたペースト状のものを、口のなかに流しこんで、固まるのを待ちます。これが苦手だという人はとても多いです。

ところが、現在、3Dスキャナーをつかった、まったく新しい型取りの技術があるのです。この方法だと、小さなカメラで口の中を数十秒のあいだ撮影するだけで、型取りが済んでしまいます。また、ペーストをつかうより精密度も上がり、修復物の設計や削り出しなどもコンピュータ上でできるので、治療が大変スピーディでもあります。

ただし、この方法は現在は保険適用外になってしまいます。導入している歯科医院も多くはないため、誰もが気軽にできるというわけには行かないかもしれません。将来的には、この方法が一般的になる日も来るかもしれませんね。