レーザー治療

現在、歯科医院のなかには、レーザーをつかった歯科治療をおこなっているところがあります。レーザーには何種類があり、その種類によって、目的や用途が異なります。

歯科界でもっとも普及しているのが、炭酸ガスレーザーです。止血効果が高く、痛みをすばやく抑えることができるのが最大の特徴です。そのため、歯茎の切開などの外科手術につかわれます。他にも、虫歯の予防や歯茎の黒ずみを取りのぞくなど、さまざまな使用方法があります。

炭酸ガスレーザー以外にも、医療全般で広く使用されているネオジムヤグレーザー、半導体レーザー、など、複数の種類があり、それぞれに得意とする治療内容があります。

レーザー治療では、歯を削る振動や音もなく、痛みも少ないため、患者さんの負担が少なくなるというメリットがあります。しかし、治療に時間がかかる、レーザーで治療できる虫歯は、小さいものに限られるなど、あまり実用的でない部分もあるのが現状です。また、保険が適応できる範囲も限られているため、治療の内容によっては自費になってしまうこともあります。

自分が求める治療に合ったレーザー機器を取り入れている歯科医院を選び、うまく活用することができればいいと思います。