キシリトールによる虫歯予防

フッ素と並んで、虫歯予防に効果があると知られているものに、キシリトールがあります。キシリトールとは、シラカバやカシなどから採れる、天然の甘味料で、砂糖と同じくらいの甘さがあります。イチゴなどの果物や、レタスなどの野菜にも含まれています。

キシリトールは、虫歯の原因となるミュータンス菌によって、歯を溶かす酸を発生させることがありません。ミュータンス菌は、キシリトールを取り込むことで無駄にエネルギー消耗し、活性が弱まるのです。

できるだけ長い間、口のなかで歯に作用させたほうが効果があるため、キシリトール入りのガムやキャンディなどで摂取すると、効果が高まります。歯科医院で売られている、歯科専用のキシリトールガムは、甘味料がキシリトール100%なので、市販のものよりも高い効果が得られます。ガムをかむ場合は、一日に何度かに分けて摂取するようにし、味がなくなってからも何分かは口のなかに入れておきましょう。定期的に摂取すれば、およそ3カ月で、虫歯になりにくい口内環境になるといわれています。

しかし、フッ素と同様、キシリトールもあくまでも補助的な役目であることを忘れないようにしましょう。虫歯を予防するためには、何よりもていねいで正しい歯みがきや、定期的な歯科医院でのメンテナンスが不可欠です。