インプラントの進化

チタンと骨が結合することが発見されてから、インプラント治療が可能となって以来、インプラントは急速に進化を遂げています。

チタン製のネジを埋め込むためには、ある程度の骨の厚みや、強さが必要となります。そのため以前は、歯周病が進行していたり、歯が抜けた状態が長いなどの理由で、あごの骨が薄くなってしまった人は、インプラントをおこなうことができませんでした。しかし現在は、骨を移植するという技術が生まれ、骨が薄い人でもインプラント治療を受けることが可能となっています。

急速に進化しているインプラントですが、まったくリスクがないわけではないということも、知っておかなければなりません。感染症の危険や、人によっては、チタンと骨がうまく結合できないことも起こり得ます。

また、インプラントをした後は、メインテナンスが非常に重要となります。インプラントの歯は歯周病になりやすいため、セルフケアが欠かせないことはもちろん、定期的に歯科医院にかよって、噛み合わせなどをチェックしてもらう必要があります。

今後も、より安全で快適なインプラント治療を目指して、おおくの歯科医師たちが研究を重ねていくことと思います。