インプラントとは

インプラントは、歯科界にあらわれた大変新しい技術といってよいかもしれません。インプラントを導入したり、専門にしている歯科医院も増えてきました。

しかし、そもそもインプラントという言葉は聞いたことがあっても、実際よくわからないという人も多いのではないでしょうか。

よく誤解される治療に、差し歯があります。差し歯は、自分の歯の根の部分に人工的な土台を入れて、被せ物をする治療のことです。自分の歯の根が残っていることが条件であり、歯のない状態や、歯を抜かなくてはならない状態の場合は、差し歯にはできません。

一方、インプラントは、歯のない部分に、インプラント体と呼ばれるチタン製のネジのようなものを歯の根の代わりにいれ、そのうえに人口の歯をはめ込む治療法です。治療にかかる期間は、三~六カ月ほどと長いですが、一度治療をおこなえば自分の歯と同じようにかむことができます。

差し歯は、使用する素材の種類によって保険適用で治療することもできますが、インプラントは完全に自費診療となります。

ほかにも、歯がなくなった場合の治療法としては保険診療でおこなえるブリッジ治療などもありますが、こちらは健康な歯を削らなければなりません。

歯科医院で、どの治療法が自分に最適化を相談してみるとよいでしょう。

◎おすすめの歯科医院:熊谷市の歯科医院